Right Brainメソッド その2

スタッフ日記

結果とイメージはイコールではない

こんにちは、ALEX・藤井です。
今回はRight Brainメソッド その2
「結果とイメージはイコールではない」についてです。
あなたは結果をイメージしてスイング作りをしていませんか。
結果をイメージしてスイング作りをしていては、いつまで経っても上達は望めないのです。

「ボディーターン」

ゴルフは「ボディーターン」とイメージしている方は多いのではないでしょうか。もちろんボディーターンはゴルフにとって重要なスイングの要素ではあります。しかし、この要素を正しいイメージにしなければ上達は望めないのです。

動画をご覧ください。この動画 ”結果” を見れば「ボディーターンが綺麗に出来ている」とイメージするでしょう。
しかし、この二人は「切り返しからボディーターンをイメージ」してスイングはしていないのです。
この二人は、結果とイメージがイコールでないというRight Brainメソッドレッスンを受講したことで”結果”このようなスイングになったのです。
ゴルフは円運動のスポーツです。この円運動の内周があなたの身体、外周がヘッドです。内周と外周が同じ位置から回転運動を開始したらどちらが早くインパクトゾーンに到達するかは簡単にイメージできるはずです。
しかし、結果だけをイメージしてスイング作りをしている多くの方は、切り返しから一生懸命、内周である身体を回転させようと必死になっています。これでは、外周であるフェースがインパクトゾーンに達する時には、身体は開きクラブ軌道はアウトサイドインになり「スライス」「引っ掛け」しか出ない安定しないスイングの出来上がりになってしまうのです。
「結果とイメージはイコールではない」このイメージ修正をしない限り上達は望めないのです。
今回紹介した事例以外にもゴルフというスポーツには結果とイメージがイコールでないことが多く存在します。この違いを修正してあなたも安定したスイングを手にするゴルファーの仲間入りをしてみませんか。
その第一歩がRight Brainスイング診断なのです。
次回もRight Brainメソッドについて何か書きたいと思いますのでご期待ください。





  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧