メンタル

ゴルフ上達

こんにちは、ALEX藤井です。
前回は、長所を伸ばす=メンタル強化について書きました。今回はそのメンタルについて書きたいと思います。
私はテニスのことは簡単なルールは知っていますがプレーしたことがないのであまり詳しくはわかりませんが。
先日、大坂なおみ選手が日本人初のグランドスラム2勝しました。おめでとうございます!
私は2年ぐらい前にすごいボールを打つ選手が日本人でいるというTV番組を見てこの子はすごいなぁと少し注目をしていたのです。
その選手こそが大坂選手だったのです。
あれから2年で世界ランキング1位というすごい選手になりましたよね。当時は確かランキング二百何十位だったような気がします。
そこから昨年70位前後から全米オープン優勝で7位、今年全豪オープン優勝で1位に。
2年前から注目していたので試合は見ていたのですが、当時から技術レベルは世界トップに引けをとらないぐらいだなぁと感じていました。しかし、みなさんもご存知の通りファーストゲームを取られるとそのまま負けになってしまうことが多々ありましたよね。
しかし、昨年からその負けパターンが変わっていったのです。この大きな原因は、体幹の強化とメンタル強化でした。体幹の強化は、トレーナーとトレーニングを積むことで比較的簡単に強化できるのかもしれませんがメンタル強化は、トレーナーをつけても容易ではないのです。しかし、大坂選手は意図も簡単にメンタル強化に成功したのです。
なぜか?トレーナーを「信じた!!」ことではないでしょうか。もちろんトレーナーの方も素晴らしいのですが、受ける側の本人が信用しない限り成り立つものではないからです。
ゴルフに戻ってみましょう。
こんな方をよく見ます。それは、「クラブをよく買い替える人」そのよく買い替える人に「なぜ?買い換えたのですか」と聞くと結構多くの方が、「私に合わなかったから」と答えるのです。その方々の共通することは、
ズバリ「自分のショットに不安を持っている」「ミスショットを恐れている」のです。
一度でも買い換える前のクラブでナイスショットが出ているのであれば買い換える必要はないのです。買い換えても最初はナイスショットが出るかもしれませんが結果は、買い換える前のクラブと一緒になるのがオチなのです。お金の無駄になるだけです。
そしてもう一つ、「雑誌を見てこれは」と感じてそのゴルフメソッドを習得しようと練習していて最初はナイスショットが出るが時間が経つにつれてミスショット、そしてすぐに違うゴルフメソッドの練習を始める人!これではいつまで経っても上達はできません!
この事例のゴルファーは「メンタルが弱いゴルファー」が多いのです。
先ほども書きましたが、「信じる」「信じた」ことを貫抜かない限りメンタル強化は出来ないのです。
一度でもナイスショットが出たクラブを「信じる」一度でもナイスショットが出たゴルフメソッドを「信用する」そうすることで上達は限りなく近づくのです。
人には合う合わないが存在します。決して当店のゴルフメソッド「Right Brainメソッド」がすべてのゴルファーに合うとは限りません、しかし、一度試してみる価値だけはあると思います。
ご興味のある方はこちら

関連記事一覧