上達の極意

多くのアマチュアゴルファーは、100の壁がなかなか崩せない。
しかし、ウィステリアのレッスン生はいとも簡単にそれも短期間でこの壁を崩す。
いったいどうしてなのだろうか?
そこには、アマチュアゴルファーが最もこだわっている”あれ”が関係している。

  • HOME
  • 上達の極意

短期間で本当に上達できるのか?

こんにちは、Wisteria Golf StudioのAlex・フジイです。
スイング診断にお越しいただく多くのお客様にこのような質問を受けることがあります。
それは、
私でもレッスンを受講して上達しますか?
私を含めて当店のインストラクターは即答で!「簡単に上達しますよ!」とお伝えします。
では、なぜ簡単に即答してしまうか。
答えは
多くのゴルファーを上達させているから!
しかし、上達できない人もいる!
こんなことを言ってしまうと「ウィステリでのレッスンはやめておこう!」と思われてしまいますが全てのゴルファーの目標を達成するためにあえてお伝えします。

上達できないゴルファーの共通点
ズバリ!「ストレートボールにこだわりを持っているゴルファー」
残念ながら当店のレッスンを受講しても「ストレート」にこだわりを持っている間は上達できません!
しかし、安心してください。Wisteriaでは「ストレートボールの難しさ」「持ち玉の重要性」をしっかり理解してもらうことからレッスンスタートしているので上達できないゴルファーは存在しないのです。
では、少しだけ当店独自のRight Brainメソッドの基本中の基本である「ストレートボールの難しさ」「持ち玉の重要性」をご紹介いたします。

「ストレートボールの難しさ」
当店には、多くのトッププロも練習で使用している最新の弾道測定器「TRACKMAN4」を設置している。
このTRACKMANを使うことで「いかにストレートボールを打つ難しさ」を理解することができる。
真のストレートボールを打つには、インパクト直前・直後に目標方向にクラブが動くこと(Clubpath 0°)・目標方向にフェースが向いていること(FaceANG 0°)そして、フェースの真に当たること。この3つが揃わなければ本当のストレートボールは打てないのです。3つを全て揃えることはプロでも難しいのです。
それでもあなたは、ストレートボールにこだわりますか。
しかしこんな疑問が….
「プロはいとも簡単にストレートボールを打てるじゃないか!」という疑問。
答えは、見た目ストレートボールを打っているのです。
見た目ストレートボールとは、自分の持ち球の曲がり幅を抑えて打つということです。
ですから決してストレートボールを打つという意識はないのです。

「持ち球の重要性」
持ち球がなぜ必要か。
ズバリ!「リスク管理」と「メンタル管理」を容易に行うことが出来るからである。
どういうこと。
ひとつ例をあげてみましょう。
あなたは、写真にある330ヤードミドルホールのティーインググランドに立っています。
このホールは、左右が林で右はカート道を越えるとOB、左の林もOBだとします。
あなたならどのようにティーショットを打ちますか。

持ち球を持っていないゴルファーの場合

打つまで、右や左、はたまた真直ぐかわからないのでティーマークの真ん中に立ち
ストレートボールが出るよう祈りながらのショットになるのではないでしょうか。
この時のリスクは、左右どちらの林にも入ること。
メンタル的には、かなりプレッシャーのかかるショットになるのではないでしょうか。
そして結果は行ってほしくない林に…なんて事になっていませんか。

フェードボールが持ち球のゴルファーの場合

フェードボールの条件は、目標方向の左に打ち出して右に曲がること。
この時の一番のリスクは、右に曲がらず打ち出し方向に真直ぐ又は左に曲がってしまい左の林に入ること。
しかし、ここで持ち球を持っていることで自然にリスク管理が出来るのです。
そうです!左の林に届かない方向に目標を定め、万が一ストレートボールが出ても問題のないショットすればいいのです。
こうすることで、林に入るリスク管理が出来、ショット前のメンタルも持ち球を持っていないゴルファーよりはるかに気楽にショットが出来るのです。

ドローボールが持ち球のゴルファーの場合

ドローボールの条件は、目標方向の右に打ち出して左に曲がること。
この時の一番のリスクは、フェードボールと逆で左に曲がらず打ち出し方向に真直ぐ又は右に曲がってしまい林に入ること。
しかし、持ち球を持っていることでフェードボール同様、自然にリスク管理が出来、気楽にショットが出来るのです。

曲がりの要素を理解する

持ち球を持つことでリスク管理が行え、メンタル的にも楽だという事を理解いただけたでしょうか。
「そんな簡単に持ち球なんて習得出来ないよ!」
とまだ思っているあなた!
曲がりの要素を理解できていないからです。曲がりの要素を理解することで、更にストレートボールの難しさを理解し持ち球の必要性を理解できるのです。
多くのアマチュアゴルファーは、スライスが出れば、「身体が開いた」フックが出れば「フェースが被った」などと曖昧に自分のショットを分析し、ミスショットの連発が始まるのです。
曲がりの要素は、クラブの軌道とフェースの向きが関係をしていて、この事を正しく理解していなければ、いつまで経っても自分の意図したショットは望めないのです。
しかし、ウィステリアではTRACKMANで視覚的にインパクト時の双方の関係を理解することが出来るので、誰でも簡単に曲がりの要素を感覚的に理解できるようになるのです。
そして曲がりの要素であるフェースに関しては、初心者ゴルファーの方でもすでに習得済みなのです。あとはそこにクラブ軌道の要素をプラスするだけで持ち球を簡単に習得することが出来るのです。弾道測定器を使いレッスンすることで、どちらの要素が足りていないかを理解しながらレッスンが行えるので短期間で持ち球を、いとも簡単に習得することが出来るのです。

あなたもストレートボールのこだわりを捨てて真の上達を手にしてみませんか。

上達はここからが本当のスタートです。

Right Brainスイング診断料

レッスン回数 料金(税込)
初回限定 ¥2,000(30分)

WEBスイング診断申し込み

ご予約したい日程を選択いただき、希望する時間予約を
行っていただき、必要事項をご記入ください。

なお、必要事項ご記入項目のレッスン種別(オプション選択)の”初回限定スイング診断予約”を必ずご選択ください。

予約カレンダー

           
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
           
2019年8月

余裕あり △多少余裕あり ×満席 ー設定なし

予約のキャンセルについて

お申し込みになられた予約をキャンセル・変更される場合、必ずご連絡ください。

他のお客様のご予約を円滑にするためにご協力お願いいたします。

なお、ご連絡いただいた場合のキャンセル料はいただきません。

無連絡の場合、次回のご利用をお断りする場合がございますのでご連絡いただけますよう

ご協力お願い申し上げます。

個人情報の取り扱いについてはこちら