試打会のお礼


こんにちは、ALEX・藤井です。
7月23日のフジクラシャフト試打会に多くの皆様にご参加また、多くの方にシャフトをご購入頂き誠にありがとうございます。この場をお借りしてお礼申し上げます。今回、当店初の試打会ということで私があたふたしてしまいご参加いただいた皆様に行き届かなかった点があったことと思います。改めてこの場をお借りしてお詫び申し上げます。
今回、お客様にあったシャフトをご提供できたのも、フジクラゴム工業様のご協力により全フレックス&全重量のシャフトを持ち込んでいただいたことでご提供することができました。
お客様にも色々なシャフトを試していただき「スイングスピードでフレックスは決めない方がいいんですね」や「自分は先中は合わないと思っていたがフレックスによっては意外に合う」や「逆に先中じゃないと合わないと思っていたがフレックスによっては意外に合う」などなどたくさんのご感想を頂戴いたしました。
思い込みでシャフトを選んでいた私の長男坊&次男坊、実は試打会終了後、フジクラの若林さんにシャフトをフィッティングしてもらったんです。(親の言うことは聞きませんので<笑)意外な結果が... 二人とも現在、某メーカーの中調子のシャフトを使用中で二人ともスイングタイプはドロー系(親の立場も考えてくれずフジクラさん以外のシャフトです<笑) 長男の要望は叩きに行った時、絶対に左に引っ掛からないシャフト、次男は右にすっぽ抜けがなく捕まりのいいシャフトということで、若林さんが選んだシャフトは..... 実は選んだシャフトまるっきり同じシャフトだったんです。違うのは重量とクラブの組み方だけです。 ちなみに、選択していただいたシャフトはSpeeder EvolutionTSの長男が757Xで次男が661Xです。 長男のシャフトだけチップ1インチカットで46インチに次男は45.5インチで組み上げました。 さて、悩みは解消できたのでしょうか?次回のblogにご期待を...

PAGE TOP